顔が乾燥して痛い・かゆい【どうやってケアすればいいの?】

顔が乾燥して痛い・かゆい【どうやってケアすればいいの?】

顔が乾燥して痛い・かゆい【どうやってケアすればいいの?】

顔の乾燥は多くの場合、うるおいが不足し、肌のバリア機能が衰えていることが原因です。とにかく乾燥による顔の傷みやかゆみを抑えるためには、保湿効果のあるクリームタイプの医薬品で保護することもおすすめです。乾燥性の痛みやかゆみを抑えるために効果的です。ただし化粧品ではないので、毎日のお手入れには不向きと覚えておきましょう。

 

でも頻繁に乾燥による痛みやかゆみがある場合は使用している基礎化粧品を見直すことも大事です。使い始めた頃は肌と合っていたかもしれませんが、今の肌とは相性が良くないものになっている可能性もあります。体調が変わるように、肌の状態も変わるので、基礎化粧品の見直しが必要になるというわけです。

 

肌が乾燥する理由は、刺激に弱くなった証拠です。ヒリヒリした痛みを感じたり、かゆみがある場合は、治めなければなりません。乾燥した環境で痛みやかゆみを感じる場合は保湿で肌の嫌な症状を和らげるようにしてみましょう。肌を刺激しないようにお手入れするようにしましょう。

 

乾燥が原因の痛みやかゆみを防ぐためには保湿で肌のバリア機能を正常化させるスキンケアが課題になります。肌が乾燥しやすくなっている状態をうるおいある状態に変えるようにお手入れを丁寧にしましょう。そのため保湿成分でも自分の肌と相性のいいものを探し、化粧水を多く使って、うるおいを与えつつ、美容液やクリームも使って保護します。

 

それでも乾燥が治まらない場合はいつものスキンケアを終えた肌の上から白色ワセリンを使って肌を保護するのもおすすめです。つまり肌を白色ワセリンで覆って、水分を逃がさないようにします。つまりラッピングしてしまうのです。

 

白色ワセリンは皮膚科の処方薬の基剤でもあるので肌に優しいクリームです。しっかり水分を与え、逃がさないようにし、肌のバリア機能を正常化させるようにしてください。丁寧なスキンケアで肌を強化させることを目的にするとうまくいきます。

 

 

↓↓ トライアルセットも30日間返金保障が付いているので安心ですよ♪ ↓↓